CTIシステムにはクラウド型とオンプレミス型がある|最適なもの選ぼう

>レポート>CTIシステムはカスタマイズしやすいものもある【必要な機能】

CTIシステムはカスタマイズしやすいものもある【必要な機能】

パソコンを操作する人

導入費用とメンテ費用

CTIシステムには大きく分けてオンプレミス型とクラウド型があります。オンプレミス型は自社で専用サーバーを持つ必要があり、システムは買い取りになるため高額の初期費用が必要です。そのほかに契約期間中のメンテナンス費用がかかります。そのかわりカスタマイズが容易で、既存の設備や電話番号を利用しやすい点がメリットです。クラウド型のCTIは自社でサーバーを持たず、ネット上のサービスを利用するものです。機能に制限があったり、既存システムとの連携が難しかったりする場合もありますが、初期費用はオンプレミス型よりもずっと安いのが特徴です。どちらが正解というわけではなく、会社の規模や業態や経営計画に応じて、最適なCTIシステムを選ぶことが大切です。

社内

発信用か着信用か

CTIシステムには発信用に特化したものと、発信も着信も一緒になったオールインワン型のものがあります。発信用にはワンクリックで電話をかけられたり、通話の内容をモニターできたりする機能が付いています。テレアポなどアウトバウンドを中心に業務に行っている会社なら、発信用だけのCTIシステムでも十分に役立つでしょう。コールセンターで顧客からの電話を受ける場合には、着信用のCTIシステムも必要になります。着信用のシステムは自動音声で応対したり、内容に応じて回線を振り分けたりすることができます。顧客管理システムに連動させるのも容易になるので、規模の大きな会社に向いています。CTIは自社に必要な機能を考えて選んでください。